教員紹介
松下 倫子

松下 倫子

担当科目

経営情報システム論、社会情報論、統計シミュレーション、メディア・コミュニケーション、コンピュータ・リテラシー、数値データ処理、ビジネスキャリア演習I・II・III、インターンシップ、基礎ゼミナール、ゼミナールI・II・III・IV、教養ゼミナール

氏 名 松下 倫子 (マツシタ ミチコ)
所 属 人間環境学部 現代コミュニケーション学科
専攻分野 計量経済学、経営情報学
最終学歴 中央大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得、経済学修士(中央大学)
学部担当科目 経営情報システム論、社会情報論、統計シミュレーション、メディア・コミュニケーション、コンピュータ・リテラシー、数値データ処理、ビジネスキャリア演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、インターンシップ、基礎ゼミナール、ゼミナールⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ、教養ゼミナール
長期研究テーマ 発展途上国におけるIT産業を起爆剤にした経済開発について
定性的手法による情報システムの評価
主要業績
  • ① PROBABILITY AND PROBLEMS OF ICT OUTSOURCING FROM ADVANCED NATIONS TO THE POOREST COUNTRY: THE CASE OF NEPAL (Conference proceedings of ETHICOMP2011, 2011年)
  • ② Problems and Probability of Joint Projects with Nepali Software Companies – Case Study of Japanese-Nepali Joint Projects in Kathmandu -(Proceedings of the ninth International Conference: ETHICOMP2007, Vol.2,2007年)
  • ③ 発展途上国におけるIT産業を起爆剤にした経済開発の可能性と課題-ネパール王国カトマンズ地区のソフトウェア産業を事例として-(中央大学『経済論纂』第46号1・2(合併)号、2006年)
  • ④ 効果的なプレゼンテーションのために(『栄養日本』、Vol.47、No.10、2004年)
  • ⑤ The Conditions and Problems of Software Industry in Kathmandu(Journal of Electronic Science and Technology
    of China, Vol.2, No.3, 2004年)
  • ⑥ カトマンズにおけるソフトウェア企業の現状と課題(関東学院大学『人間環境学会紀要』創刊号、2004年)
  • ⑦ 経営情報学会情報システムのための定性的研究(QRIS)研究部会研究報告書(共著、2003年)
受験生の
みなさんへ
インターネットというメディアの出現以降、私たちの日常生活は大きく変わりました。今では、ほとんどの一般家庭に、パソコンとインターネットが設置されています。また、電話は一家に1台から一人1台になりました。私たちに身近なパソコン、インターネット、携帯電話は、もちろん、企業でも活用されています。現代企業では、それらなくして日々の業務は成り立ちません。私たちを取り巻く情報環境について、一緒に観察し、将来を予測してみませんか?
ゼミの内容 「情報化社会」という言葉は私たちの生活の中で定着していますが、「情報化」とはどのような状態を表すのか、様々な角度から研究しています。他学部や他大学のゼミとの交流も活発です。
お問い合わせ mmatsu@kanto-gakuin.ac.jp
個人作成Web http://home.kanto-gakuin.ac.jp/~mmatsu/
PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)7002
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.