教員紹介
杉田 正樹

杉田 正樹

担当科目

哲学、人間環境論入門、人間環境デザイン論、人間と倫理、環境の倫理、市民社会の思想、共生の思想、ゼミナール、教養ゼミナール、フィールドスタディ

氏 名 杉田 正樹 (スギタ マサキ)
所 属 人間環境学部 人間環境デザイン学科
職 名 教授
専攻分野 ドイツ哲学、環境哲学、応用倫理学
最終学歴 東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得満期退学
学部担当科目 哲学、人間環境論入門、人間環境デザイン論、人間と倫理、環境の倫理、市民社会の思想、共生の思想、ゼミナール、教養ゼミナール、フィールドスタディ
長期研究テーマ ① ヘーゲル『論理学』研究 ② 環境哲学 ③ 経済倫理学
長期研究テーマ
内容
  • ① ヘーゲルの『論理学』を言語哲学の観点から解釈する。これは、従来の形而上学的、存在論的、あるいは、認識論的な解釈とは異なり、どちらかと言えば、分析哲学的な視点からの解釈の試みである。これによって、従来の解釈とは異なる『論理学』の姿が明らかとなるはずである。
  • ② 現在、「領域的人間環境論」をまとめつつある。これによって、複合的、重層的な「人間環境」を、「個的」、「公共的」、「経済的」、「自然」の4つの領域の相互関係として明らかとなるはずであり、環境問題を考える際の、見通しの良い総合的な視点を与えてくれるはずである。
  • ③ 現在、科研費で「比較文化的経済倫理の研究」を行っている。現代社会の様々な問題は、つまるところ経済活動に由来する。この根幹のところを、倫理の観点から分析しようとするのである。
短期研究テーマ タグラグビーの研究
短期研究テーマ
内容
タグラグビーは、比較的新しい種目である。ルールはタックルがないことを除けば、ラグビーとほぼ同じである。しかし、そのせいで、タグラグビーは、子どもも大人も一緒にプレイをすることができるし、また男子も女子も一緒にプレイすることができる。実際に、タグラグビーをやっている子どもたちを見ていると、そこで、素晴らしい、体育・知育・徳育がごく自然になされていることに気がつく。これを、身体論、教育論など、様々な視点から明らかにしたい。
主要業績 「制度と信頼」(『経済倫理の諸伝統の比較研究』(科研費中間報告集、2005)
「現代欲望論」(『関東学院大学人間環境研究所所報』第3号、2005)
「ヘーゲル哲学の前提」(『ヘーゲル研究』日本ヘーゲル学会篇、2005)
『西洋哲学史観と時代区分』(昭和堂、共著、2004)
『人間と倫理』(関東学院大学出版会、共著、2004)
「実存が歴史となるということ」(字実存思想協会編『実存と歴史』理想社、2004)
「今西錦司の環境論」(『室の木評論』創刊号、2003)
『ニヒリズムからの出発』(ナカニシヤ、共著、2001)
『うその自己分析』(日本評論社、共著、1999) 他
皆様へ
メッセージ
  • ① 哲学は2500年にわたって営々と営まれてきた、知の集積です。ここには、人類の知恵が凝縮しています。その面白さ、深さに触れると、目先の役に立つ、立たない、等という議論の底の浅さに気がつきます。哲学は、あなたを1万メートルの上空から、人間の営みを見晴るかす快感を手与えてくれます。「ハイコンセプト」(ダニエル・ピンク)の時代に、最後にたよることができるのは哲学と芸術をおいて他にはないのではないでしょうか。
  • ② ロゴスに国境はありません。ロゴスの訓練をするとき、ちゃちな非合理主義や神秘主義を排除できるとともに、人間の有限性に気がつき、謙虚になります。
  • ③ 「遊びの精神」、「しなやかな精神」こそ、これからますます必要とされます。哲学は、その上にこそ成り立つのです。
  • ③ 企業にとって、企業倫理は重要です。それは、法を守りましょう、といったお説教では何の役にも立ちません。また、企業活動にとって、想像力、想像力、共感力もますます必要とされるでしょう。すぐ陳腐化するノウハウではなく、事柄の本質をつかまえる訓練である哲学こそ、それに最も相応しい知の一つであると確信します。 哲学を上手に使えるもの勝つ、と言えばいいすぎでしょうか。
    (ホームページご覧頂ければ幸いです。)
お問い合わせ msugita@kanto-gakuin.ac.jp
個人作成Web http://home.kanto-gakuin.ac.jp/~msugita/
PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)7002
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.