教員紹介
佐野 慶一郎

佐野 慶一郎

担当科目

リサイクルと環境、生活と環境科学、生活環境と政策、エネルギーと環境

氏 名 佐野 慶一郎(サノ ケイイチロウ)
所 属 人間環境学部 人間環境デザイン学科
職 名 教授
専攻分野 リサイクル工学、環境政策論、バイオ・マテリアル工学
最終学歴 静岡大学大学院電子科学研究科博士課程修了 博士(工学)
学部担当科目 リサイクルと環境、生活と環境科学、生活環境と政策、エネルギーと環境
長期研究テーマ エコ・マテリアルのデザインとライフ・サイクル・アセスメントに関する研究
長期研究テーマ
内容
新規の廃棄物リサイクルやバイオ・マテリアルに関する環境への影響(石油の消費やCO2の発生量、埋立地の増減、住民の感情)を数値化評価(ライフ・サイクル・アセスメント、LCA)し、適正なマテリアル・デザインとその製造、リサイクル・プロセス、環境政策、循環型社会システムの立案研究を進めています。
短期研究テーマ リサイクルとエコ・マテリアルの実用化研究
短期研究テーマ
内容
  • ① 廃棄プラスチックの分解とリサイクルに関する研究: 廃棄プラを廃食用油中で簡易に熱分解し、リサイクルする実用化技術を研究しています。FRP(ガラス繊維強化プラスチック)を分解し、昇華したフタル酸やガラス繊維を分離回収するケミカル・リサイクル技術、および自動車座席のポリウレタン・フォームを分解した新バイオ・ディーゼル燃料を民間企業と自治体、他大学と共同開発しております。
  • ② 植物ポリフェノールの工業利用に関する研究: 有害物質や悪臭の吸着機能、および抗菌機能を有する植物ポリフェノールを生ゴミ処理の消臭剤や工業製品から発するVOC(揮発性有機化合物)の吸着剤として適用する新技術を国内外で共同開発しています。
主要業績
  • ① 著書 プラスチックの化学再資源化技術 「廃食用油を利用する廃FRPの熱分解技術」(分担),シーエムシー出版,pp. 237-246 (2005).
  • ② 特許 オルソフタル酸と無水フタル酸とイソフタル酸の回収方法および回収装置,佐野慶一郎,高柳正明ほか,公開特許 (特願2005-200778).
  • ③ 解説 繊維強化プラスチックの動向とリサイクル,佐野慶一郎,齊藤奈々子,森智和:繊維機械学会誌 60巻12号, pp. 673-677 (2007).
  • ④ プロシーディング Fiber Recycling by Dissolving FRP in Vegetable Oil, Fiber Recycling 2007, Kyoto Institute Technology, Japan, Proceedings, Keiichiro Sano and Masaaki Takayanagi, A-23, 1-6 (21 Jun. 2007).
皆様へ
メッセージ
 国内で発生する廃棄物の中には、容器包装や家電、自動車、食品廃棄物等のリサイクル法によって、分別回収し、リサイクル化が義務付けられない処理困難な廃棄物が多く存在しています。それらの多くは、焼却か埋め立て処分され、大きな環境負荷となっています。有価物として、リサイクル業者に売却される廃棄物も増えてきました。しかし、廃棄物の適正な処理施設は少なく、廃棄物の輸送燃料は、大量に浪費されています。また多くの自治体では、様々な廃棄物の回収や保管に追われ、その処理費が大きな財政負担となっている実状もあります。
 現在、家庭や産業から大量に排出され焼却、および埋め立て処分されている廃棄プラスチックを適正に処理する新しいリサイクル技術の実用化研究を中心に進めています。また、資源枯渇の問題を解決すべく、天然繊維を用いた新しいバイオ・マテリアルの研究も開始しております。研究内容は、廃棄物の分解技術からリサイクル物とバイオ・マテリアルの創成、それら処理プロセスや装置のデザイン開発まで至り広範囲です。各国地域の環境政策として、持続可能な循環型社会システムを構築していくために、リサイクル処理とバイオ・マテリアルの環境影響評価(ライフ・サイクル・アセスメント、LCA)を行いながら、自治体や民間企業、住民と連携して、それらプロセスの新規提案や事業化の推進活動を行っております。
PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)7002
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.