教員紹介

人間環境学部教員コラム vol.43

2010.03.04 現代コミュニケーション学科 ポール A. ライリー

現代コミュニケーション学科 ポール A. ライリー ゼミナール

ポール A. ライリー ゼミナールのテーマは‘英語’です。

このゼミナールで焦点となることは、英国で英語が話される前の時代から、今世界中でどのように使われるようになったかという英語の歴史と発達です。英国の小さな島国にルーツを持つ英語が、世界中で最も話される言語にまでなった背景を、人や行事や環境など様々な角度から調べていきます。

英語は世界中の様々な異なる文化をもついろいろな人々とコミュニケーションをとったり、またその文化や人を知る鍵となりますが、このゼミナールはそんな英語を学んだり自分の英語の能力をのばしていきたいと思っている学生の皆さんにぴったりのゼミナールです。

外国語を学ぶ一番の方法のひとつは、その言語で授業をうけることです。そのため、このゼミナールは英語のみでおこなわれます。つまり、『英語』を『英語』で学ぶのです。

このゼミナールで、学生たちはお互いの学生や教師と英語でコミュニケーションすることにだんだん自信をもつようになります。すべての議論、そして簡単なプレゼンテーションは学生自身によって英語でおこなわれるのです。

4年生になると、学生たちはまず自分の研究のテーマを決めることに集中し、そしてゼミナール論文を英語で仕上げていきます。また、言語というのは文化と密接な関係があるため、いくつかの英国文化にも焦点をあてていきます。そのため、ゼミナール論文の研究テーマは英語そのもの、または英国文化に関連するものになるでしょう。

【最近のゼミ論テーマ】
「シェイクスピア −彼は何に影響をうけ、また英語にどのように影響をあたえたか。」
「香港における英語 −香港における英語の歴史と香港における英語の政治的、社会的地位。」
「もし英語が上手になりたい、英語と英国文化を英語で学んでみたいと思うなら、ポール A. ライリー先生のゼミナールは、まさにあなたのためのゼミナールです!」

【学生が制作したポスター】

 

 

The life of William Shakespeare

 

 

The role of English in Hong Kong

 

 

ポール A. ライリー(現代コミュニケーション学科)

  • 一覧に戻る
PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)7002
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.