教員紹介

人間環境学部教員コラム vol.26

2009.07.02 人間環境デザイン学科 渡辺 紀子

人間環境デザイン学科 渡辺紀子ゼミナール

今日様々な分野で、環境保全対策に向けた取り組みがなされています。本人間環境学部においてもISO14001を認証取得し、環境への負荷を極力抑えようと電気・ガス・水道使用量や廃棄物排出量などの数値目標が掲げられ、努力がなされています。

渡邊ゼミでは、学生の立場・学生の視点からエコキャンパス構築に向け、できることから活動を重ねてきました。年度初め、ゼミではキャンパス内の問題点(環境側面)を抽出し、話し合いを重ねることでその年度の検討課題を絞ります。最近の活動としては、

 

 

<2007年度>
身近なキャンパス内のゴミの分別調査(5分別のゴミの重量調査、ゴミの絵表示の有無、季節別調査など)、調査結果は学内で「EGO to ECO パネル展」で報告。学内ごみ箱の分別絵表示の具体化の一助ともなりました。また、県主催の地球環境イベント「アジェンダ展」にもゼミのエコ活動を展示(2007.10:横浜産貿ホールにて)。年度末には冊子「エコキャンパス2007」作成。

 

 

<2008年度>
学部内のCO2削減に向け、教室内のエアコンの設定温度調査を夏季・冬季に行い、実態把握。適正エアコンの温度・湿度や快適性に関しても検討。

 

 

<2009年度>
前年度のエアコン設定温度調査結果を学内に展示することで、環境に配慮したキャンパスを考えるきっかけにしたいと、現在、4年生中心に展示の準備中。

3年ゼミ生は目下資料収集を行いながら、自分たちの取り組むゼミテーマの決定に向け、各自の調査結果を元に議論しながら検討しています。

 

 

写真:EGO to ECO パネル展

ゼミナールは、学生の主体性を尊重し、問題発見能力・問題解決能力・プレゼンテーション能力をゼミ生全員で協力して取り組むことを目標にしていますので、テーマは異なっても、将来、必ず生かされることでしょう。

 

 

渡辺 紀子(人間環境デザイン学科)

  • 一覧に戻る
PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)7002
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.