教員紹介

人間環境学部教員コラム vol.104

2012.08.16 人間環境デザイン学科 渡邊 紀子

人間環境デザイン学科 渡辺ゼミナール

人間環境学部はISO14001を認証取得し、環境への負荷を極力抑えるため電気・ガス・水道使用量や廃棄物排出量などの数値目標を掲げ、毎年努力がなされています。環境保全系ゼミとして、身近なキャンパスを対象に「エコキャンパスの推進に向けた対策」を検討することを主テーマに取り組んできました。

 

 

近年の活動では、
<2009年度>
学部内のCO2削減に向け、夏・冬の教室内のエアコンの設定温度調査を行い、実態を把握。当時の学部内は、設定温度はフリーであったため、極端な温度設定の教室が多々あることが判明。結果を公表することで、エアコンの適正温度管理を呼びかけた。

 

<2010年度>
「水:エコキャンパス」の展示では、学内での水の使用量・給水排水の水の行方を認識するとともに、水資源の大切さを呼びかけた。

 

<2011年度>
学部においても前年比―15%の節電対策が講じられたことから、4年ゼミでは、電力供給実態を前年と比較検討。また、3年ゼミでは流行している「クールビズ素材の吸湿・吸汗・放湿特性など」を各メーカーの市販肌着を用いて実験。3・4年検証結果をパネル展示で報告した。

 

<2012年度>
学内のペットボトル廃棄量を削減するため、マイボトル推進に向け取り組んだ。学生のマイボト促進のポスター展示、アンケート調査ならびに学内のペットボトル廃棄量の増加傾向の実態などをパネル展示することで、マイボトルの利用を呼び掛けた。

 

 

2012年度の展示

 

 

ゼミ生は、テーマ設定―調査・実験―結果のまとめー展示に向けたパネル制作、に至る一連の作業を会得し、手ごたえを感じています。

 

 

渡邊 紀子(人間環境デザイン学科)

  • 一覧に戻る
PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)7002
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.