進路・就職

卒業生の声

渡邊 紗彌子 さん

卒業生の声

お客様の嬉しい顔に出会えること。それが醍醐味です。

東京急行電鉄株式会社
東急旅行センターテコプラザ大井町駅
人間環境学部 現代コミュニケーション学科2006年卒

大学時代のニュージーランド留学で、現地の日本人留学生支援センターの業務に刺激を受け、海外とお客様を旅でつなぐ職業に興味をもった渡邊紗彌子さん。

現在は、東急線沿線に店舗を展開する旅行代理店でチーフアドバイザーを務めています。国内や海外のパッケージ旅行の中からお客様の要望に沿った旅行を提案、納得頂いて手配する。その面白さは「旅行を楽しみにされているお客様の嬉しい顔に出会えること。お客様のお役にたてることで幸せな気分になれます」と話してくれました。

学生時代には、現代コミュニケーション学科に在籍、英語やコンピュータ操作の他にマスコミ論やビジネス関連の講義を受講し、それぞれの知識とスキルをリンクさせたことが渡邊さんの仕事を円滑に進める要因でしょう。旅行シーズンの1・2ヵ月前が旅行代理店では忙しさのピーク、その時期さえ外せば長期休暇も取りやすく、その機会を生かして、海外旅行に出かけ、お客様への説明にも生かされています。

同僚の日下さんから見た渡邊さんは?

渡邊さんは旅行業務取扱管理者の資格を生かし、責任感をもって仕事をしています。5年前に出会った時はおとなしい印象でしたが、今ではとても頼りになる同僚です。お客様の心に残る旅を案内できる人材だと思います。

市川 靖洋 さん

卒業生の声

ウェブデザインと建築には共通点があった。 いま、それを講義に生かしたい。

株式会社ボンド
人間環境学部 非常勤講師
人間環境学部 人間環境デザイン学科2006年卒

人間環境学部の一期生として卒業した、市川靖洋さん。もともとものづくりが好きだった上に、「環境」と「デザイン」という関心のあったキーワードが二つもあったことと新設の学部だということで、何を学べるのか大いに期待して入学を決めたそうです。

4年生の時に参加した茅ヶ崎での町づくり活動(NPO)がきっかけとなりウェブデザイナーへ。「授業で学んだ建築とウェブデザインには、人の心理を考察した上で、その動線上に形を作り上げるという共通点があることを発見しました」。

市川さんが関東学院大学で教える講義は「プレゼンテーションのデザイン」。PhotoshopやIllustratorというソフトを使って発表に必要な表現力を身につける実践的な内容です。

「アイデアを形にして、それを人に伝える。表現力が高ければ伝わることが面白くなり、上手に伝われば凄く嬉しい。表現の楽しさとコミュニケーションの楽しさを学んでほしい」。

PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)7002
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.